海外FX業者おすすめランキング14選【ベテランのプロFXトレーダーが徹底比較】

比較・まとめ

国内FX業者は規制によって最大レバレッジが25倍に制限されるなどして、使い勝手が悪くなってしまい、今は海外FX業者に注目する日本人トレーダーが増えてきました。

しかし海外FX業者はたくさんあって、一体どこを選ぶか悩むところです。

そこで今回は日本人トレーダーから特に人気の高い海外FX業者をランキング形式で紹介していきます。

ランクインした業者に共通しているのは次の3点です。

  1. 海外FXだけれど国内FXと同等の日本語サポートが受けられる
  2. レバレッジやボーナス、スプレッドなど特化したポイントがある
  3. ゼロカットシステムで追証のリスクが無い

この記事を読めば、どんな海外FX業者が人気なのか、どうして選ばれているのか、自分に合うところはどこなのか等が分かるので、口座開設を考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 【2022年最新】海外FXおすすめランキング14選
    1. 1. XM
    2. 2. GemForex
    3. 3. TITANFX(タイタンFX)
    4. 4. AXIORY
    5. 5. LANDFX
    6. 6. iFOREX
    7. 7. FBS
    8. 8. FXGT
    9. 9. Hotforex
    10. 10. Tradeview
    11. 11. Traders Trust
    12. 12. BigBoss
    13. 13. FxPro
    14. 14. IS6FX
  2. 海外FX業者を目的別に探す
    1. ボーナスキャンペーンが豪華な海外FX業者
    2. スプレッドが狭い海外FX業者
    3. 安全性・信頼性が高い海外FX業者
    4. ゼロカットシステムを採用している海外FX業者
    5. 最大レバレッジが高い海外FX業者
    6. スワップポイントが高額の海外FX業者
    7. スキャルピングするのに最適な海外FX業者
  3. 海外FX業者の選び方
    1. 1.詐欺業者の可能性はないか
    2. 2.日本語対応に完全対応しているか
    3. 3.今まで出金拒否や不当な取引操作等のトラブルは発生してないか
    4. 4.取引条件等のスペックは良いか
    5. 5.入出金方法が容易かつ確実か
  4. 海外FX業者を利用するメリット6つ
    1. 1.ボーナスが多彩で金額が手厚い
    2. 2.追証にならないゼロカットシステムを採用している
    3. 3.レバレッジ制限が緩い
    4. 4.ロスカット水準が低くストップ狩りを避けやすい
    5. 5.取引の透明性が高いNDD方式を採用している業者が多い
    6. 6.高いカスタマイズ性を誇る世界標準のツール「MT4/MT5」を無料で使える
  5. 海外FXを利用するデメリット・注意点5つ
    1. 1.スプレッドが広くて拡大しがち
    2. 2.出金手数料が高額
    3. 3.信託保全をしていない業者が存在する
    4. 4.出金手続きに日数を要する
    5. 5.税金が国内FXにかかる税率よりも高い
  6. 海外FX業者を使うべきたった1つの理由
  7. 海外FX業者に関するよくある質問
    1. 英語ができないけど口座開設は問題なくできるの?
    2. 海外FX口座で利益が出たら確定申告は必要なの?
    3. 納税は日本で行えばよいの?
    4. 海外FX口座の開設にはどんな証明書類が必要になるの?
    5. 海外FX口座の開設に年齢制限はあるの?
    6. 日本人が海外FX業者を使っても違法性はないの?
  8. まとめ

【2022年最新】海外FXおすすめランキング14選

ここでは、海外FX業者を利用したいと考えている全てのFX投資家におすすめの業者を14社ピックアップし、ランキング形式で紹介していきます。

海外口座を使って効率よく稼ぎたい方は、この中の口座から2、3社ほど開設して使いやすさを確認してみてくださいね。

1. XM

XMのロゴ
数ある海外FX業者の中でも圧倒的におすすめしたいのが「XM」です。

スペックをまとめると次の表のとおり。

口座タイプ マイクロ スタンダード ゼロ
注文方式 STP STP ECN
取引手数料 無料 無料 片道5ドル/ロット
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
ボーナス ×
EA(自動売買)
ドル円平均スプレッド(pips)※ 2 2 0.1
1ロット単位(通貨) 1,000 10万 10万
最大取引量 100ロット 50ロット 50ロット
最小取引量 0.01ロット 0.001ロット 0.01ロット
最低入金額 5ドル(500円相当) 5ドル(500円相当) 100ドル(10,000円相当)
ゼロカット

※変動制スプレッドのため目安値になります。

XMをおすすめする理由は次の3つになります。

  • 圧倒的!最大レバレッジ888倍
  • 太っ腹な3種類のボーナス
  • 金融ライセンス、安全性・信頼性が高い

それぞれ詳しい内容をみてみましょう。

XMの最大レバレッジ888倍は海外FX業者の中でも最高峰

海外FX業者を選ぶ大きな理由はレバレッジの高さです。

冒頭で紹介したように国内FX業者は規制で最大25倍まで、と決められてしまいましたが、海外FX業者は規制がかかっていません。

そのためレバレッジ100倍以上を用意している業者がたくさんありますが、中でも888倍という圧倒的なレバレッジで提供しているのがXMです。

仮に10万円を入金すれば10万円×888倍=8,880万円の取引ができることになります!

レバレッジを使うことで少額投資でも大きな取引が可能になり、国内FXでは考えられない利益を得るチャンスが生まれるのが最大のメリットと言えるでしょう。

またXMはゼロカットシステムを導入しているため、万が一口座残高がマイナスになってしまっても、入金した以上の損失は生まれません。

このゼロカットも国内FX業者には無い、海外ならではの嬉しいシステムと言えます。

常時開催している「太っ腹なボーナス」で入金額以上でトレードできる

XMをおすすめするポイントの1つが常時開催されている豪華なボーナスの数々です。

具体的には次の3つがあります。

  • 新規口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • XMP(ロイヤルティプログラム)

新規口座開設ボーナスは口座開設だけで3,000円分のボーナスがプレゼントされます。

レバレッジ888倍をかければ、3,000×888=2,664,000円の取引ができるので、まとまった利益を狙っていくことも可能ですね!

入金ボーナスは2段階構成になっています。

1段階:100%入金ボーナス(上限5万円)
2段階:20%入金ボーナス
もし8万円入金すれば…

5万円(上限)×100%=5万円
3万円×20%=6,000円

合計56,000円のボーナスがもらえることに!

8万円入金して、トータル136,000円の資金で取引ができるのは相当大きいですよね。

そして3つ目のボーナスがXMP。

取引期間に応じてランクが設定され、獲得ポイントが増えていきます。

ランク 1ロットあたりの獲得ポイント 条件
エグゼクティブ 10XMP/ロット 初回取引完了
ゴールド 13XMP/ロット 初回取引後30日
ダイアモンド 16XMP/ロット 初回取引後60日
エリート 20XMP/ロット 初回取引後100日

1XMP=0.33ドル相当の価値があるため、最低ランクのエグゼクティブでも1ロットの取引で3.3ドル分のポイントがもらえることになります。

XMで頻繁に取引するトレーダーにとって嬉しいボーナスですね。

XMは金融ライセンスを取得!信頼性・安全性が高く入出金トラブルがない

XMはセーシェル金融庁ライセンスを取得しています。

ライセンスを取得できる=信頼できる業者と判断できるため、資金の保全性などに問題ありません。

またTwitterやネットの掲示板などの評判を見ても、入出金トラブルの報告は全く見つからず、トレーダーにとって安心して取引できるFX業者と言えるでしょう。

XMの評判を詳しく見る
公式サイトを見る

2. GemForex

GemForexのロゴ
GemForexは日本人トレーダーが快適に取引できる環境を整えた、大人気の海外FX業者です。

創設・役員メンバーが日本人ということもあり、きめ細やかかつ大胆なサービスの数々が売り。

スペックは次のとおりです。

口座タイプ オールインワン ノースプレッド
注文方式 STP ECN
取引手数料 無料 無料
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍
ボーナス ×
EA(自動売買) ×
ドル円平均スプレッド(pips)※ 1.5 0.3
1ロット単位(通貨) 10万 10万
最大取引量 30ロット 30ロット
最小取引量 0.01ロット 0.01ロット
最低入金額 100円 30万円
ゼロカット

※変動制スプレッドのため目安値になります。

GemForexをおすすめするポイントは次の3つです。

  • 最大レバレッジ1,000倍は業界トップ
  • ボーナスの内容がすごい
  • 業界最狭水準の低スプレッド&手数料無料

それぞれ詳しい内容をみてみましょう。

GemForexの最大レバレッジはなんと1,000倍!限定口座ならレバレッジ5,000倍も可能

GemForexはオールインワン、ノースプレッド口座のどちらも、最大1,000倍のレバレッジを掛けられます。

1万円入金したら、1,000万円分の取引ができるわけですので、あまり多くの資金を用意できない人でも大きな利益を目指したトレードが可能に!

さらに口座数に限りがありますが、レバレッジ5,000倍口座も用意されています。

1万円の入金で5,000万円の取引ができるので、一攫千金の大チャンス!

もし5,000倍口座を作れるならチャレンジしてみることをおすすめします。

GemForexのボーナスは内容がスゴイ!高額ボーナスで取引を有利に進められる

GemForexは次の2つのボーナスを開催しています。

  • 口座開設ボーナス
  • 入金100%ボーナス(抽選式)

まず口座開設ボーナスですが、こちらは常時開催されています。

しかし開催期間によってボーナス内容が異なるので、できるだけ美味しいタイミングを見計らって口座開設するのが吉!

少ないと5,000円くらい、多いと30,000円相当のボーナスがもらえるため、その差はかなり大きいですよね。

口座開設するだけで30,000円のボーナスがもらえる…となると狙わない手はありません!

ただしほとんどが10,000~20,000円のボーナスなので、無理に30,000円のボーナスを狙って口座開設の時期を逃すのは考えもの。

作りたいときに作るのがベストと言えるかもしれませんね。

次に入金100%ボーナスですが、こちらは抽選式になっていて対象者のみ利用可能です。

マイページにログインした際に「本日の入金ボーナス対象者です」と告知され、当日中に入金すれば入金額の100%(上限100万円)がもらえます。

上限額が高いため、資金に余裕があるならできるだけ大きく入金すると最大限に活用できるでしょう。

「ボーナスを目当てに海外FX業者を選びたい!」という人にとってGemForexは本当に魅力的ですね!

GemForexのスプレッドは業界最狭水準。取引手数料がなんと無料

海外FX業者選びの重要なポイントの1つが「低スプレッド」です。

どうしても国内FX業者と比べてスプレッドが大きくなりがちなので、できるだけ低スプレッドの業者を選び、取引コストを抑えることが重要になります。

GemForexのドル円平均スプレッドは次のとおりです。

オールインワン 1.5pips
ノースプレッド 0.3pips

※変動制スプレッドのため目安値になります。

特にノースプレッド口座は最低0.0pips、平均0.3pipsと優秀な数値になっています。

また海外FX業者はECN口座での取引で手数料が発生するのが一般的なのですが、GemForexは取引手数料無し!

取引コストを極限まで抑えたトレードを実現できるのがGemForexの大きなおすすめポイントとなっています。

ただしノースプレッド口座はボーナスの受け取り・EA(自動売買)の利用が不可となっている点だけ注意してくださいね。

GemForexの評判を詳しく見る
公式サイトを見る

3. TITANFX(タイタンFX)

TITANFXのロゴ
TITANFXはトレード環境に力を入れ、快適な取引を実現する海外FX業者です。

スペックをまとめると次の表のとおりになります。

口座タイプ スタンダード ブレード
注文方式 STP ECN
取引手数料 無料 片道3.5ドル/ロット
最大レバレッジ 500倍 500倍
ボーナス
EA(自動売買)
ドル円平均スプレッド(pips)※ 1.3 0.3
1ロット単位(通貨) 10万 10万
最大取引量 100ロット 100ロット
最小取引量 0.01ロット 0.01ロット
最低入金額 200ドル(20,000円相当) 200ドル(20,000円相当)
ゼロカット

※変動制スプレッドのため目安値になります。

TITANFXをおすすめする理由は次の3つです。

  • 最大500倍のレバレッジは制限なし
  • CFD取引でも最大500倍のレバレッジ
  • 快適なトレード環境

それぞれ詳しい内容をみてみましょう。

TITANFXはレバレッジ制限なし!口座残高に関わらず、ずっと最大500倍!

海外FX業者と言えばハイレバレッジが魅力ですが、口座残高に応じてレバレッジ制限がかかる場合があります。

しかしTITANFXはレバレッジ制限が一切なく、口座残高を心配する必要がありません!

人気の海外FX業者のレバレッジ制限を表にまとめると次のようになります。

業者 Titan FX gemforex XM axiory
最大レバレッジ 500倍 1,000倍 888倍 400倍
レバレッジ制限 ~200万円 500倍 500倍 200倍 400倍
1,000万円~ 100倍 300倍
2,000万円~ 200倍

しっかりと利益を出しながらもレバレッジに気を取られたくない人にとってTITANFXのレバレッジ制限無しはおすすめできるポイントです。

CFD取引でも最大500倍のレバレッジが可能

CFD取引だとかけられるレバレッジが少なくてガッカリするケースも少なくありませんが、TITANFXなら株価指数、エネルギー、貴金属…といったCFD銘柄もレバレッジ500倍で取引ができます。

FXだけでなくCFD銘柄のトレードも視野に入れている人にとって嬉しいメリットですね。

TITANFXは取引環境に自信あり!快適なトレードを堪能できる

TITANFXは「ゼロポイントテクノロジー」という技術を採用することで、トレーダーにとって満足のいく取引環境を整えています。

【自動スプレッド最小化システム(ZP-ASM)】

全てのマーケットボリュームを1秒に数百万回規模で比較し、最良の取引ができる。

【ダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)】

世界中のマーケット・トレンドをモニターし、トレーダーに最適な取引を予想・選択。
ベストプライスの取引を実現。

【Zero Point約定スピード最適化機能(ZP-OEO) 】

トレーダーの注文を確実かつ数ミリ秒以内に執行するためのシステムで、約定スピードの向上を実現。

これらのシステムがTITANFXの優れた約定力と低スプレッドを実現しています。

特にスキャルピングなど超短期トレードを繰り返す人にとってサクサクと約定できる環境は嬉しいですよね。

TITANFXの評判を詳しく見る
公式サイトを見る

4. AXIORY

AXIORYのロゴ
AXIORYはMT4だけでなくcTraderという取引プラットフォームを提供していることで有名な海外FX業者です。

スペックは次のとおりです。

口座タイプ スタンダード ナノスプレッド
注文方式 STP ECN
取引手数料 無料 片道3ドル/ロット
最大レバレッジ 400倍 400倍
ボーナス × ×
EA(自動売買)
ドル円平均スプレッド(pips)※ 1.3 0.3
1ロット単位(通貨) 10万 10万
最大取引量 1,000ロット 1,000ロット
最小取引量 0.01ロット 0.01ロット
最低入金額 20,000円 20,000円
ゼロカット

※変動制スプレッドのため目安値になります。

AXIORYをおすすめするポイントは次の3つです。

  • cTraderが使える
  • 低スプレッド、ハイスペックな取引環境
  • 入出金手数料が安い

それぞれ詳しい内容をみてみましょう。

スキャルピングトレーダー必見のcTraderに対応

FXの定番プラットフォームと言えばMT4ですが、スキャルピングに特化した注目のツールにcTraderがあります。

AXIORYは数少ないcTraderに対応する海外FX業者です。

そのため「スキャルピングをするならAXIORY」と言われているほど!

cTraderは軽快な動作、一括決済対応など、スピードに特化したECN方式のための取引プラットフォームになっています。

MT4とcTraderを比較すると次のとおり。

MT4 cTrader
取引方式 STP ECN
操作性 やや独特 直感的
板情報 無し あり
ワンクリック注文 対応 対応
決済 ポジションを1つずつ決済 全決済、通貨ペアごとの決済など幅広く対応
カスタムインジケーター かなり豊富 少ない
自動売買 かなり豊富 少ない
情報(解説サイトなど) 多い 少ない

残念ながらMT4ほど使われていないため、情報こそ少ないものの、一度使えば虜になるほど魅力的なスピード感のある取引はcTraderならでは!

スキャルピングメインの取引スタイルの人はAXIORYがおすすめです。

cTraderの使い勝手をさらに高める最高峰の取引環境

AXIORYは取引システムに相当な力を入れることで、優れた約定力と低スプレッドの取引環境を提供しています。

平均スプレッド(米ドル円)は

スタンダード 1.3pips
ナノスプレッド 0.3pips

※変動制スプレッドのため目安値になります。

と海外FX業界で最狭水準にまとまっていて、繰り返し何度も取引するトレーダーも安心。

また約定率99.99%の正確性・実行スピードが自慢の1つです。

金融インフラ世界最大の「エクイニクス社(EQUINIX社)」と提携する他、なんと東京にローカルセンターを設置しているため、サクサクと快適なトレードが可能となっています。

MT4はもちろんですが、cTraderを使ったスキャルピングトレードでベストな環境を提供していることこそ、AXIORYの魅力であり、おすすめしたいポイントです。

AXIORYは国内送金の入出金に対応。余計なコストを減らせます

海外FX業者を利用する上でネックになりがちなのが、入出金にかかる手数料です。

bitwalletなどのオンラインウォレットサービスを利用することで最低限に抑えられるのですが…

  • オンラインウォレットへの入出金に手数料がかかる
  • 口座開設の手間が面倒

といったデメリットもありました。

そこでAXIORYはCurfexという決済サービスを導入することで、国内送金による入出金に対応!

入出金手数料はAXIORYが負担で、私たちが支払うのは入金時の振込手数料(0~400円)のみと、コストを大幅に抑えることができます。

海外FX業者なのに、国内FX業者なみ…またはそれ以下の手数料で入出金ができるのはおすすめしたい大きなポイントの1つですね!

AXIORYの評判を詳しく見る
公式サイトを見る

5. LANDFX

LANDFXのロゴ
LANDFXは驚異的とも言える低スプレッドが素晴らしい、コストを重要視したい人にピッタリの海外FX業者です。

スペックは次のとおりです。

口座タイプ Live、ボーナス ECN口座
注文方式 STP ECN
取引手数料 無料 片道3.5ドル/ロット
最大レバレッジ 500倍 200倍
ボーナス ×
EA(自動売買)
ドル円平均スプレッド(pips)※ 0.9 0.2
1ロット単位(通貨) 10万 10万
最大取引量 30ロット 30ロット
最小取引量 0.01ロット 0.1ロット
最低入金額 30,000円 200,000円
ゼロカット

※変動制スプレッドのため目安値になります。

LANDFXをおすすめするポイントは次の3つです。

  • 海外FX業者の中でも最狭クラスの低スプレッド
  • 低スプレッドなのにボーナス対応
  • 約定力の高さ

それぞれ詳しい内容をみてみましょう。

LANDFX最大の特徴は業界最狭クラスの低スプレッド

LANDFX最大の魅力であり、おすすめポイントになるのが低スプレッドです。

Live、ボーナス 0.9pips
ECN口座 0.2pips

※変動制スプレッドのため目安値になります。

海外FX業界の中でもさらに低スプレッドとなっているため、取引コストを重視するトレーダーにとって注目すべき点と言えます。

低スプレッドだけれど太っ腹なボーナスもある

海外FX業者の傾向として次の2パターンが挙げられます。

  • ボーナスが充実しているがスプレッドはほどほど
  • ボーナスが無いが低スプレッド

LANDFXのボーナス口座を選べば、低スプレッドなのに入金100%ボーナス(最大50万円)が利用可能です!

LANDFXでSTP口座を選ぶなら、Live口座よりもボーナス口座を選ぶ方が断然お得になるのでぜひチェックしてみてください。

世界最高水準の取引環境で約定力に自信あり

LANDFXは約定力・スピードを追求して最先端のテクノロジーを駆使した取引環境を整えています。

パートナー提携しているのは次の4社です。

  1. Equinix
  2. Amazon
  3. RousTech
  4. PrimeXM

優れた約定力はLANDFXの代名詞の1つであり、特にスキャルピングの使い心地が抜群に優れています。

LANDFXの評判を詳しく見る
公式サイトを見る

6. iFOREX

アイフォレックスのロゴ
iFOREXは、1996年創業の老舗FX業者です。

特徴としては「ロスカット水準が0%」かつ「追証が無い」という点です。

これにより、資金が尽きるギリギリのラインまでロスカットに耐えることが可能になり、意図せず損失が確定されてしまうことがなくなります。

また、iFOREX独自の取引ツールである「FXnetView」が世界標準のFXツールである「MT4」と比較して操作が非常に簡単かつ使いやすいと評判です。

初心者に特におすすめの海外FX業者と言えるでしょう。

iFOREX公式サイト:https://www.iforex.jpn.com/

iFOREXの評判を見てみる

7. FBS

FBSのロゴ
FBSは、レバレッジが業界トップクラスの最大3000倍で取引できるのが特徴です。

また、最大200万円までの100%入金ボーナスやキャッシュバックなどキャンペーンに積極的な業者です。

キャンペーンで得たボーナスを手元資金にして、それに高レバレッジを掛けてアクティブにトレードすることも可能です。

少額資金でもハイレバレッジトレードを楽しみたい方におすすめの海外FX業者です。

FBS公式サイト:https://jpfbs.com/

FBSの評判を見てみる

8. FXGT

FXGTのロゴ
FXGTは、不定期ですが頻繁に3000円から5000円の口座開設ボーナスが行われています。

FXGTの特徴は、この口座開設ボーナス分のみで取引することが可能である点。

つまり、自分の資金を用意すること無くトレードを始められるのです。

まずFXの取引を体感してみたい初心者の方には、FXGTを特におすすめします。

FXGT公式サイト:https://portal.fxgt.com/

FXGTの評判を見てみる

9. Hotforex

Hotforexのロゴ
HotForexは、海外FX業者の世界的な口コミサイト「ForexPeaceArmy」において高評価を得ているで海外FX業者です。

欧州を始めとして日本よりも海外での知名度が高く、FCA・DFSA・FSCAなどの各国の金融ライセンスを多数取得しているほか、注文が業者の仲介を挟まないNDD方式を採用しています。

業者側が意図的なレート価格の操作を行うことができず、信頼性と透明性が保証されていて取引しやすい業者です。

Hotforex公式サイト:https://www.hotforex.com/

Hotforexの評判を見てみる

10. Tradeview

Tradeviewのロゴ
「Tradeview」は狭いスプレッドとサクサク約定するcTrader対応のトレードシステムに強みがあります。

1日に何十回、何百回とトレードしたいスキャルパーの方に特におすすめできます。

しかし、日本語サポートに難があり、海外FX初心者にとっては何かトラブルが起こった際に不安材料になることも…。

英語に苦手意識がなく、FX経験者の方であればTradeviewの口座をメイン利用するのもよいでしょう。

Tradeview公式サイト:https://www.tradeviewforex.com/

Tradeviewの評判を見てみる

11. Traders Trust

トレイダーズ・トラストのロゴ
海外FX業者の中では比較的スプレッド水準が低く、最大レバレッジも3000倍という実質上限なしで取引ができるのが「Traders Trust」の特徴です。

取引条件が優れているので“とにかく最短で稼ぎたい”という人に向いている業者と言えます。

日本人のサポートが充実していているので、何かトラブルがあっても気軽に質問できるのも魅力です。

Traders Trust公式サイト:https://traders-trust.com/

Traders Trustの評判を見てみる

12. BigBoss

BigBossのロゴ
取引の際に必要な証拠金が少なく済むのが「BigBoss」の特徴の一つです。

他社と比較して大きな強みは少ないですが、取引コストもかからずスムーズなトレードシステムを利用できる点がメリットと言えます。

また、コースが3つあり、自分に合ったサービスを選択できる点もポイントです。

BigBoss公式サイト:https://www.bigboss-financial.com/

BigBossの評判を見てみる

13. FxPro

FxProのロゴ
初めて海外業者を利用する方は、まず会社自体が信頼できるのかを不安に感じる方も多いでしょう。

「FxPro」ならイギリスの難しい金融ライセンスの認可を受けていて安心感を持って利用できるのがポイントです。

また、取引の際に制限があまりないので自由度が高く、日本国内のFX業者よりも融通を効かせるトレードを行うことが可能です。

初心者にも安心なサポート機能を備えている点も安心材料だと言えます。

FxPro公式サイト:https://www.fxpro.jpn.com/

FxProの評判を見てみる

14. IS6FX

IS6FXのロゴ
初心者にも安心できるサービスと評判の「IS6FX」。

今なら友達追加で5000円分もらえるというキャンペーンをしているのがポイントで、初期投資を他のサービスよりも抑えることができます。

その他にも、365日日本人によるサポート体制が完備されいるので、万一、何らかのトラブルがあってもいつでも対応してくれます。

IS6FX公式サイト:https://is6.com/

IS6FXの評判を見てみる

海外FX業者を目的別に探す

ボーナスキャンペーンが豪華な海外FX業者

現在では数多くの海外FX業者が日本向けに事業を展開していますが、中でも目を引くのがボーナスキャンペーンです。

口座開設ボーナスや入金ボーナスといった豪華特典を利用者に提供することで顧客獲得につなげています。

ここでは、特にボーナスキャンペーンが豪華な海外FX業者を4社紹介したいと思います。

XM

XMのロゴ
口座開設ボーナスの付与額と入金ボーナスの還元率(対入金額)は以下になっています。

  • 口座開設ボーナス:3,000円
  • 入金ボーナス:100%+20%

XMは日本の利用者に最も人気の高い業者です。

XMは出金してもボーナスが全額消滅することはありません。

ボーナスが残っている間に出金した場合は、出金可能額から何%分出金されたかによって、同じ割合のボーナスが消滅します。

ちなみに、90日間取引をしないとボーナスが全額没収されます。

XM公式サイト:https://www.xmtrading.com/

XMの評判を見てみる

GEMFOREX

GemForexのロゴ
口座開設ボーナスの付与額と入金ボーナスの還元率(対入金額)は以下のとおりです。

  • 口座開設ボーナス:10,000~30,000円
  • 入金ボーナス:100%

GEMFOREXは日本人が海外で事業を展開した珍しい業者です。

ボーナスはFX業界でもトップランクと言えるほど豪華になっています。

なお、ボーナスでは以下のことに注意が必要です。

1)ボーナスの適用はオールインワン口座のみ
2)ボーナスの出金は不可(ボーナスを使った取引で得た利益は出金可能)
3)以下の3つに該当すると、ボーナスが消滅
・口座間での資金移動
・出金の申請
・30日間の無取引

GEMFOREX公式サイト:https://gemforex.com/

GEMFOREXの評判を見てみる

IS6FX

IS6FXのロゴ
口座開設ボーナスの付与額と入金ボーナスの還元率(対入金額)は以下になっています。

  • 口座開設ボーナス:5,000~30,000円
  • 入金ボーナス:100~300%

IS6FXは頻繁にお得なボーナスキャンペーンが開催されています。

受け取ったボーナスをそのまま出金することはできませんが、GEMFOREX同様、ボーナスの取引で得た利益分は出金可能です。

なお、以下のことに注意が必要です。

1)ボーナスはスタンダード口座のみが対象
2)無取引が30日間続くと、ボーナスが自動的に消滅
3)出金申請・口座間の資金移動でボーナスが消滅

IS6FX公式サイト:https://is6.com/

IS6FXの評判を見てみる

FBS

FBSのロゴ
口座開設ボーナスの付与額と入金ボーナスの還元率(対入金額)は以下になっています。

  • 口座開設ボーナス:10,000円
  • 入金ボーナス:100%

口座開設ボーナスには3種類ありますが、全てに以下の条件が付されています。

▼口座開設ボーナスの条件
1)ボーナス専用口座のみで運用
2)レバレッジにおける倍率制限
3)出金における取引ロット数の制限

また、入金ボーナスには以下の条件が付されています。

▼入金ボーナスの条件
1)ボーナスを受取ると、最大レバレッジが500倍に制限
2)証拠金がボーナス額の30%を下回ると、ボーナスが消滅
3)ボーナスの出金には、ボーナスの3分の1の量の取引実績が必要

FBS公式サイト:https://jpfbs.com/

FBSの評判を見てみる

スプレッドが狭い海外FX業者

海外FXを使おうとする際、やはり気になるのはスプレッド値です。

スプレッドは直接的な取引コストとなるので、極力狭い業者を選びたいものですよね。

ここでは、スプレッドの狭いおすすめの海外FX業者を4社紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

Axiory

AXIORYのロゴ
Axioryは、主要通貨のスプレッドが狭い海外FX業者です。

取引条件としてスキャルピング制限なしで、高い約定力とcTraderを利用可能にしているのがウリです。

デイトレーダー、スキャルパーの方はメイン口座として必須と言えるでしょう。

金融ライセンスはIFSCライセンス、レバレッジは最大400倍となっています。

Axiory公式サイト:https://www.axiory.com/

Axioryの評判を見てみる

TITANFX

TITANFXのロゴ
海外業者の中ではスプレッド水準が低い業者で、特にブレード口座のスプレッドが狭いです。

約定力も高いと評判でスキャルピングにも最適な口座と言えます。

また、TITANFXの最大レバレッジは500倍で証拠金残高によるレバレッジ制限もありません。

短期トレード等、資金効率のよい運用をしたい方に向いています。

TITANFX公式サイト:https://jp.titanfx.com/

TITANFXの評判を見てみる

Tradeview

Tradeviewのロゴ
Tradeviewは、スタンダード口座、ILC口座の米ドル・ユーロドルのスプレッドが狭い海外FX業者です。

金融ライセンスはケイマン諸島金融ライセンス、レバレッジは最大500倍の口座となっています。

Tradeview公式サイト:https://www.tradeviewforex.com/

Tradeviewの評判を見てみる

XM

XMのロゴ
XMには「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」の3種類の口座を使えるようになっています。

そのうちゼロ口座は、入金ボーナスやロイヤリティボーナスがないものの、代わりにスプレッドが狭い口座というのが特徴です。

ただ気をつけなければならない点は、ゼロ口座のみスプレッド以外にも取引手数料がかかるという点。

取引する際は、スプレッドと取引手数料の両方を加味した上で取引コストを計算して他社と比較するのがおすすめです。

XM公式サイト:https://www.xmtrading.com/

XMの評判を見てみる

安全性・信頼性が高い海外FX業者

海外FX業者は、日本国内のFX業者のように信託保全が義務付けられておりません。

ですので、必ず事前に安全性・信頼性が高いかどうかを確認するようにしましょう。

海外FX業者の中で難関金融ライセンスを取得していて、日本人向けFX業者としての運営歴も長いところは次の2社になります。

XM

XMのロゴ
XMは、海外FX業者の安全性・信頼性を確かめる時に最重要となる「金融ライセンス」を複数保有しています。

この金融ライセンスは、国家の金融規制当局による厳正な審査によって発行されており、信頼性の証となっています。

また、XMは海外FX業者の特徴でもある追証なしのゼロカットシステムを採用しており、損失リスクを負うことなく取引することが可能です。

XM公式サイト:https://www.xmtrading.com/

XMの評判を見てみる

iFOREX

iFOREXのロゴ
iFOREXは、海外FX業者の中でも20年以上の運営実績がある老舗のFX業者です。

この運営実績の長さがiFOREXの特徴であり、信頼を表す評価ポイントです。

また、顧客資金はきちんと分別管理されているので、この点も安全性の面で評価できます。

これまで大きなトラブルもなく、利用しているユーザーからの評判も良好な海外FX業者です。

iFOREX公式サイト:https://www.iforex.jpn.com/

iFOREXの評判を見てみる

ゼロカットシステムを採用している海外FX業者

海外FX業者の特徴として、国内FX業者では採用していない「“追証なし”のゼロカットシステム」を採用しているという点です。

ゼロカットシステムとは「相場暴落時などで顧客の口座残高がマイナスに陥ってしまった場合、顧客が被った“借金”を業者側が補填してくれるサービスのこと」です。

有名どころの海外FX業者のほとんどは、このゼロカットシステムを採用していますが、その中でもおすすめできる業者を厳選してします。

XM

XMのロゴ
ゼロカットシステム提供海外FX業者で、まず有名なのがXMです。

ゼロカットのタイミングとしては次回入金時にリセットされるシステムになっています。

また、入出金のスピードが速い点や、日本語のサポートにも対応しているというメリットもあり、ボーナスも豊富です。

ゼロカットシステムを採用している海外FX業者の中では、まずおすすめの会社です。

XM公式サイト:https://www.xmtrading.com/

XMの評判を見てみる

Axiory

AXIORYのロゴ
Axioryも、ゼロカットシステム採用業者として人気です。

ゼロカットのタイミングは24時間以内に自動的にリセットされます。

また、Axioryはスプレッドの幅が非常に狭く手数料が無料であるのも特徴です。

さらに日本語のサポートにも完全対応しており、多くの日本人から利用される人気の海外FX業者です。

Axiory公式サイト:https://www.axiory.com/

Axioryの評判を見てみる

GEMFOREX

GemForexのロゴ
GEMFOREXの特徴としては、ゼロカットタイミングが1時間以内で自動的に相殺される点です。

また、ゼロカット以外にもGEMFOREXの大きな強みとして、各種キャンペーンに積極的でボーナスが非常に豊富であるという点です。

口座開設ボーナスに加え入金ボーナスは月に2回行われており、利用者にとってメリットの大きい海外FX業者です。

GEMFOREX公式サイト:https://gemforex.com/

GEMFOREXの評判を見てみる

関連記事⇒ゼロカットシステムとは?追証(ロスカット)が発生しない海外FX特有の安全な仕組みを解説

最大レバレッジが高い海外FX業者

海外FX業者には日本の法律が適用されないため、何百倍というレバレッジを掛けてが当たり前のように取引できるようになっています。

ここでは、高レバレッジの代表業者と言える4社について詳しく解説していきます。

GEMFOREX

GemForexのロゴ
GEMFOREXのオールインワン口座のスペックは以下になっています。

最大レバレッジ 1,000倍
ロスカット水準 20%
最小取引数量 1,000通貨
最低入金額 1,000円

GEMFOREXは証拠金残高におけるレバレッジの規定が緩くなっており、残高が200万円までは1,000倍のレバレッジを利用できます。

残高が200万円以上でも500倍のレバレッジで取引できます。

なお、GEMFOREXはボーナスのプロモーションが充実しています。

2万円の登録ボーナスや還元率100%の入金ボーナスなどが付与されるプロモーションが常時開催されています。

GEMFOREX公式サイト:https://gemforex.com/

GEMFOREXの評判を見てみる

FBS

FBSのロゴ
FBSのスタンダード口座のスペックは以下になっています。

最大レバレッジ 3,000倍
ロスカット水準 20%
最小取引数量 1,000通貨
最低入金額 10,000円

スタンダード口座の最大レバレッジは3,000倍になっており、海外FX業界の中でもトップクラスに位置しています。

ただ、証拠金残高に対するレバレッジの規定が厳しくなっており、証拠金残高が2万円を超えると最大レバレッジが2,000倍に下げられます。

証拠金残高が50万円未満までは2,000倍のレバレッジを利用できます。

FBS公式サイト:https://jpfbs.com/

FBSの評判を見てみる

Hotforex

Hotforexのロゴ
Hotforexのマイクロ口座のスペックは以下になっています。

最大レバレッジ 1,000倍
ロスカット水準 10%
最小取引数量 1,000通貨
最低入金額 500円

Hotforexの最大レバレッジの1,000倍は証拠金残高が3,000万円まで利用でき、ほぼ無制限と言えます。

ほとんどの業者は証拠金残高が数十万円や数百万円になると、最大レバレッを低く制限しますが、Hotforexはそのような制約がありません。

なお、マイクロ口座のロスカット水準は10%のため、ロスカットされにくいという特徴があります。

Hotforex公式サイト:https://www.hotforex.com/

Hotforexの評判を見てみる

XM

XMのロゴ
XMのスタンダード口座のスペックは以下になっています。

最大レバレッジ 888倍
ロスカット水準 20%
最小取引数量 1,000通貨
最低入金額 500円

最低入金額は低めの500円になっており、気楽にトレードを始められるメリットがあります。

証拠金残高が200万円未満であれば888倍のレバレッジを利用でき、証拠金残高が200万円以上になると、最大レバレッジが200倍に下げられます。

なお、XMのレバレッジは上記業者と比べると低く感じられますが、他の多くの業者の最大レバレッジは400倍から500倍が一般的です。

XM公式サイト:https://www.xmtrading.com/

XMの評判を見てみる

スワップポイントが高額の海外FX業者

スワップポイントは通貨の安全性や金利、そしてFX業者によって異なり、通常海外FX業者のスワップポイントは国内FX業者よりも低いです。

海外FX業者の中でスワップポイントが比較的高い業者は次の2社になります。

Axiory

AXIORYのロゴ
Axioryの特徴として、スワップポイント3倍デーというキャンペーンがあります。

これは、毎週木曜日の朝7時にポジションを持っていた場合に適用され、これを有効活用することによって利益を上げることが望めます。

ただ、マイナスのスワップポイントも3倍になってしまうので、この点は注意が必要です。

Axiory公式サイト:https://www.axiory.com/

Axioryの評判を見てみる

iFOREX

iFOREXのロゴ
iFOREXの特徴としては、取り扱っている銘柄が非常に豊富であり、マイナー系の通貨ペアにおいてはスワップポイントがとても高いという点です。

中でも、トルコリラ絡みの通貨ペアが特にスワップポイントが高く、利益を上げることが望めます。

また、毎月に年利3%の利息ボーナスを獲得できるので、これと合わせても利益を上げやすい海外FX業者です。

iFOREX公式サイト:https://www.iforex.jpn.com/

iFOREXの評判を見てみる

スキャルピングするのに最適な海外FX業者

数分程度の短い時間に、何度も売買を繰り返して薄いながらも利益を積むスキャルピング手法。

ここではスキャルピングを行うのに最適な海外FX業者を3社ピックアップしてみました。

Axiory

AXIORYのロゴ
「Axiory」はスプレッドが狭くて短期売買に優れた取引プラットフォームcTraderが利用できるのが魅力です。

サクサクトレードできると評判で、薄い利益確定を何度も繰り返したい方にぴったりの海外FX業者だと言えます。

口座凍結や出金拒否になるトラブルも聞かれない信頼性の高い業者でもあります。

Axiory公式サイト:https://www.axiory.com/

Axioryの評判を見てみる

Tradeview

Tradeviewのロゴ
ECN口座の中でスキャルピングにおすすめの海外FX業者「Tradeview」。

スリッページが発生しにくく、スプレッドも狭い、cTraderが利用できるといったスペック面で三拍子揃っている点が評価できます。

ちなみに、ILC口座は取引コストを抑えることにより、お得にスキャルピングができるので、ロスカット率が高いデメリットも緩和できますよ。

Tradeview公式サイト:https://www.tradeviewforex.com/

Tradeviewの評判を見てみる

TITANFX

TITANFXのロゴ
「TITANFX」は大口取引に強く、最大レバレッジが500倍と高いのもメリットなので、証拠金を1000万円以上入金している大型トレーダー向けです。

約定力が高いと評判のスタンダード口座でスキャルピングをすることをおすすめします。

TITANFX公式サイト:https://jp.titanfx.com/

TITANFXの評判を見てみる

海外FX業者の選び方

人気や知名度だけで海外FX業者を選ぶと失敗することになりかねません。

そこでここでは、海外FX業者の選び方を解説します。

選ぶ基準は5つありますのでそれぞれ具体的に見ていきましょう。

1.詐欺業者の可能性はないか

海外FX業者を選ぶ際は詐欺業者に注意が必要です。

入金ボーナスを謳って口座に入金させておいた後に、出金処理をできなくする悪質業者も潜んでいるほど。

悪質業者の被害に遭わないためには、これまでの運営実績やライセンスの取得状況、資金管理がきちんとできているかを確認しましょう。

このページに載っている業者は、そのような悪徳業者は排除しているので安心してください。

また、悪質な海外FX業者を見抜く方法は以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご参照ください。

海外FX業者の詐欺を見抜く方法まとめ。出金拒否、計画倒産等のトラブルを回避するコツ
個人投資家の資産運用方法で定着したFX。FX業者で口座開設をして、資金を振り込んでから取り引きを始めるわけですが、業者の種類を大きく分けると日本国内に拠点を置く、日本のFX業者(多くが証券会社)と、海外FXと呼ばれる、日本以外の国に拠点を置...

2.日本語対応に完全対応しているか

海外FX業者でも最近は日本語に対応しているところが増えてきました。

しかし、電話やメールサポートまで日本語に対応しているところは多くありません。

何かトラブルがあったときは運営から迅速なサポートを受けられないと大きな損失につながることもあります。

当ページ前半で紹介している「海外FXおすすめランキング14選」の上位の業者はすべて日本語完全対応しています。

サポートを含めて完全日本語対応している業者を選びましょう。

3.今まで出金拒否や不当な取引操作等のトラブルは発生してないか

各種手数料が安いと、ついつい飛びついてしまう海外FX業者ですが、知名度の無い業者の口座へ入金したのが最後、出金ができないトラブルに遭うケースが度々見られます。

出金トラブルが長引くと最悪の場合、管理者が資金を持って逃げ出すこともあるため、非常に危険です。

当ページに掲載していない業者やまったく聞いたことが無い業者名の口座を開設するのは避け、最低でも事前に口コミサイトやSNSで業者の評判を調べましょう。

出金処理や取引操作で不満の声が多く見られるようなら、その業者はやめておくのが賢明です。

4.取引条件等のスペックは良いか

レバレッジの良さをアピールする海外FX業者は数多くありますが、1つの取引条件だけを見て契約を決めるのは危険です。

スプレッドは表記している値よりも拡大しないか、最低入金額はいくらなのか、スキャルピングは自由にできるかななど、FX取引で重要な諸条件がどうなっているのかも一通り確認しましょう。

5.入出金方法が容易かつ確実か

取引条件が良く、各種ツールの使い勝手が優れていても入出金方法や手続きのスムーズさに満足にできないと全く意味がありません。

残念なことに海外FX業者のなかには出金処理が煩雑だったり、出金条件が厳しいところがあります。

「急いで出金したい」時でも海外FXでは対応できないことが多いです。

よくある出金トラブルは

・急いで出金したくても時間が異様にかかる
・出金申請をしても反映されない

というケースです。

出金処理を短時間に何度もしたせいで、アカウントをロックする業者もいます。

今まで出金に関するトラブルがなかったか、よく調査した上で業者を選ぶことが大切です。

海外FX業者を利用するメリット6つ

海外FX業者は国内FX業者と比較して様々なメリットがあります。

その中でも代表的な6つのメリットを解説していきます。

1.ボーナスが多彩で金額が手厚い

海外FX業者と国内FX業者を比較した時にまず大きく違うのは、海外FX業者は新規登録者や利用者へボーナスを配分することに力を入れているという点です。

ボーナスの種類は概ね次の3つがあります。

  1. 新規口座開設ボーナス
  2. 口座への入金ボーナス
  3. その他の各種ボーナス(取引量に応じた金額がキャッシュバックされるもの、抽選型、プレゼント方式など)

海外FX業者は、こういったボーナスキャンペーンを開催することに積極的で、適用条件も国内業者より易しく誰でもお得に“臨時収入”を得るチャンスが転がっています。

もらったボーナスを軍資金にしてトレードで殖やすことができれば、一石二鳥というわけです。

2.追証にならないゼロカットシステムを採用している

海外FX業者と国内FX業者の大きな違いに、追証が発生しないゼロカットシステムを採用しているという点があります。

例えばショック相場と言われるような局面で、短時間の相場急変によって強制ロスカットされずに損失が拡大してしまい、口座残高がマイナスになる=借金を背負ってしまうことが稀に発生します。

ゼロカットシステムとは、マイナスになった損失分を業者が負担してゼロ(チャラ)にリセットしてくれるシステムです。

国内FX業者だと、損害を被ったトレーダーを救済してくれることはなく、トレーダーは借金返済に追われることになります。

しかし、海外FX業者の場合はゼロカットシステムがあることによって、トレーダーが最悪の事態に陥ることを回避してくれるのです。

3.レバレッジ制限が緩い

国内FX業者は、金融庁によって最大のレバレッジは25倍までと定められており、これを超えることはできません。

一方で海外FX業者は、最大レバレッジに対する規制が行われておりません。

レバレッジ制限が緩くなっていて業者によっては実質レバレッジ制限が無いところもあるほどです。

少額資金でも大きく稼ぎたいという方は海外FX業者を利用した方が望み通りのトレードができるようになるわけです。

4.ロスカット水準が低くストップ狩りを避けやすい

海外FX業者と国内FX業者を見渡して比較してみても、海外FX業者の方がロスカット水準は低い傾向があります。

このロスカット水準が低いことによって、ロスカットまでの値幅を大きめに取ってギリギリまで取引をすることができますし、ストップ狩りを避けやすいメリットもあります。

5.取引の透明性が高いNDD方式を採用している業者が多い

NDD方式とは、トレーダーからの注文を証券ディーラーのような人為的な操作を介在させずに、自動的にカバー先が提示するレートと約定させる方式のことです。

トレーダーとFX業者が1対1で行う相対取引ではなく、膨大な短期取引が行われているインターバンク市場内でオークション形式の自然な売買価格で取引が交わされるようになります。

インターバンク市場とは、「銀行間取引市場」のことで、大手金融機関など参加者が限定されている市場のことを言います。

相対取引では、悪質な業者だと意図的にスプレッドを拡大させたり、トレーダーの出した発注価格よりも不利な価格で約定させられたりするケースも発生しがちです。

多くの海外FX業者が採用しているNDD方式ではそのようなことがなく、透明性の高いトレードを行えるようになります。

6.高いカスタマイズ性を誇る世界標準のツール「MT4/MT5」を無料で使える

海外FX業者のメリットとして、「MT4/MT5」などの最先端のFXツールが無料で使えるという点も魅力です。

特にMT4は、世界中の投資家がスタンダードに利用している「世界標準」のFXツールです。

海外FX業者を利用する際は、これらのツールを最初から使用することが可能なので、これも国内FX業者との大きな差と言えるでしょう。

海外FXを利用するデメリット・注意点5つ

海外FX業者を利用することで、多くのメリットを得られる一方で、デメリットについてもしっかり理解することも必要です。

そこでここでは、海外FXならではの利用上の注意点やリスク、税金の支払いなど、国内FX取引所との違いなど5つのデメリットを説明していきます。

1.スプレッドが広くて拡大しがち

海外FXでは取引時にかかる売値と買値の差(スプレッド)が、国内FX業者よりも大きく設定されています。

先ほど「取引の透明性が高いNDD方式を採用している業者が多い」で解説したとおり、国内FX業者の場合は相対取引をしているため、カバー先(インターバンク市場)で取引を流さず、自社内でコストを掛けずに取引を完結できるケースがあります。

そのため、国内FX業者はスプレッドを0.1銭前後に設定しても利益を出せるのです。

一方で海外FX業者のほとんどはNDD方式を採用しています。

レーダーからの注文をインターバンク市場へ流して対金融機関取引を行っているので、その分コストがかさむ構造になっています。

そのコストをカバーするために、海外FX業者のスプレッドは国内FX業者よりも広く設定しているわけです。

2.出金手数料が高額

国内FX業者だと口座からの出金手数料は基本的に無料に設定されています。

しかしながら、海外FX業者では、海外口座から日本口座へ“海外銀行送金”する必要があるため、出金手数料が高額です。

海外銀行送金ではSWIFTというシステム経由で、複数銀行を経由して送金されるため、手数料が高くなります。

SWIFTとは国境をまたいで資金を送金する際の「銀行間の金融取引の仲介と実行」の役割を担っているシステムのことです。
参照:SWIFT(スイフト) | 決済システム等の企画・運営 | 一般社団法人 全国銀行協会

海外銀行送金にかかる手数料は、中継先の手数料と受取手数料を合わせると、ネット銀行だと2,500円程度、メガバンクだと5,000円程度かかります。

ただし、XMのような人気のある一部の業者では、出金額が40万円以上の場合は手数料が無料になったりします(40万円未満の出金額の場合のみ2,500円の手数料がかかる)。

3.信託保全をしていない業者が存在する

海外FXの多くは、信託保全をしていない場合があります。

利用者の預けている資金の安全性が確保されていない場合もあり、例えば利用して居る海外FX業者が破綻した場合に、預けている資産を全て失ってしまうリスクもあります。

国内FX業者では、こうした信託保全が保証されている場合がほとんどですが、海外FXでは保証されていない取引所もあるため、利用する前に確認する必要があります。

4.出金手続きに日数を要する

海外FXでは出金の申請をしてから、実際に手元に着金するまでに日数を必要とする場合があります。

国内FX業者の多くは、出金申請から即日から遅くても2営業日ほどで着金しますが、海外FXの場合は先程「2.出金手数料が高額」のところで述べたように、海外銀行送金のため、早くて3営業日~5営業日、もしくはそれ以上の時間が経ってから着金する場合もあります(中継銀行で送金がストップされると1~3ヶ月程度かかることもあります)。

5.税金が国内FXにかかる税率よりも高い

海外FXで得た利益は、国内FXのものよりも税率が高くなります。

国内FXでかかる税金は申告分離課税であり、利益のおよそ20%の税金で済みます。

一方、海外FXで得られる利益は雑所得に分類され、利益によって税率が異なります。

住民税は一律10%で国内FXでの課税時と変わりませんが、所得税は所得に応じて5%から45%までの累進課税です(※下表参照)。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

国内FXでの所得税は一律20%である反面、海外FXでは最大でおよそ半分ほど税金としてもっていかれることもあるため、海外FXで稼げば稼ぐほど税制面では不利ということになります。

関連記事⇒海外FX業者での取引で発生した損益にかかる税金と確定申告方法まとめ

海外FX業者を使うべきたった1つの理由

海外FX業者には、「国内FX業者利用時よりも圧倒的に稼ぎやすい」という特徴があります。

これは、海外FX業者は国内FX業者より、ハイレバレッジで取引できるためです。

また、各企業が充実したボーナスを用意していることが多いのも特徴です。

そのため、少ない資金を一気に増やしたい人は、国内FXではなく海外FXを利用すべきです。

しかも、ゼロカットが採用されていることが多いので、口座に入金した以上の損失が発生することもありません。

利用者が稼ぎやすい取引条件になっているため、海外FX口座を使わない手はないのです。

海外FX業者に関するよくある質問

そんな魅力的な海外FXの利用に興味があるものの、わからないことが多くその利用の一歩を踏み出しかねている人も多いかもしれません。

そこで以下に、よくある質問とその回答をまとめました。

英語ができないけど口座開設は問題なくできるの?

日本から利用できるメジャーな海外FX業者の多くが、日本語サポートに対応しています。

そのため、口座開設は英語ができなくても問題なく行えます。

また、一部英語表示になっていることもありますが、重要な部分は日本語表記されているのでそこまで気にする必要はありません。

海外FX口座で利益が出たら確定申告は必要なの?

必ず必要というわけではありません。

確定申告が必要になる条件として、給与所得がある人が年間利益20万円以上を得た、あるいは給与収入が2,000万円を超える場合確定申告が必要です。

また、給与所得がない人については、海外FXで年間48万円以上利益を得た場合、確定申告を行う必要があります。

納税は日本で行えばよいの?

日本で暮らしている人が海外FXで利益を得た場合の納税は、日本国内で行えば問題ありません。

基本的には「居住地」の税法に従って納税することになります。

海外FX口座の開設にはどんな証明書類が必要になるの?

口座開設時に提出が必要な書類は、利用する海外FX業者によって異なります。

そのため、その詳細は適宜確認する必要がありますが、基本的には運転免許証やパスポートなどの「本人確認書類」と公共料金の利用明細や住民票などの居住地が書かれた「住所証明書類」の2点の提出が求められることが多いです。

「本人確認書類」は次のうち1点を提出
  • 運転免許証
  • 写真付きパスポート
  • 写真付き住民基本台帳
  • 写真付きマイナンバーカード
「住所証明書類」は次のうち1点を提出
  • 電気料金利用明細
  • 固定電話利用料金明細
  • 携帯電話利用料金明細
  • クレジットカード利用明細

これらの書類をスキャンしてデータ化し、オンラインで提出するのが一般的です。

海外FX口座の開設に年齢制限はあるの?

企業によって異なります。

年齢制限が一切ない海外FX業者もありますが、18歳以上、あるいは20歳以上などの制限が設けられているところもあります。

なお、年齢制限がない場合についても、未成年者の利用には、親の同意書の提出が求められることが多いです。

日本人が海外FX業者を使っても違法性はないの?

結論から言うと、日本人が海外FX業者を利用する行為に違法性はありません。

ただ、金融庁は国内の金融商品取引業者として未登録の海外FX業者に対しては警告を出しています。

これは、現状の法律上行えるのが規制のみであるためです。

また、利用に違法性はないものの、得た利益を申告しないと脱税とみなされる可能性があります。

重加算税に加えて悪質とみなされた場合刑事罰の対象となることもあります。

確定申告は正確に行いましょう。

まとめ

今回はおすすめの海外FXをランキング形式で紹介しました。

最後にもう一度内容をおさらいすると…

  1. ボーナス重視か取引環境(スプレッドや約定力)重視で好みが分かれる
  2. ボーナスが強い海外FXの人気が高い傾向にある
  3. 最大レバレッジが高い海外FXも大人気

以上3点が本記事のポイントになります。

「おすすめの海外FX業者を知りたい!」
「そもそもどんな海外FXがあるのか分からない!」

といった人はぜひこの記事を参考に、今回ランクインした海外FXを中心に、あなたのトレードスタイルにピッタリ合うところを選んでみてくださいね。

どの業者もデモ口座を用意しているので、先にそちらで取引の感覚をチェックするのもオススメです!